【体験談!】人生詰んだ・・転職活動中に味わった絶望感と成功に繋がる大切な心構え!

悩むビジネスマン
転職

こんにちは!

今回は体験談として、転職活動中に味わった絶望感とそこから得た成功に繋がる心構えをご紹介したいと思います。

今思い返せば、転職活動中は今までに感じたことがない不安や絶望感でいっぱいでした・・

例えば、

年齢や学歴によって候補が絞られる。

どの職種にしていいかわからない。

職務経歴書を書こうにも、実績が全く浮かんでこない。

書類選考でめっちゃ落ちる・・

面接で何を言っているのかわからずに一人テンパる。

周りの人から「絶対後悔する!」「自分は辛いことがあっても耐えたのに!」などボロカスに言われる・・

自ら選択した行動によって転落人生を送ったらどうしようという今まで経験したことのない不安。

こんな感じで思っていた転職活動とは全く違うスタートを切ってしまい、このままでは無職になってしまうという今までに感じたことがない絶望感を何度も味わい、一時期は本当にこれでよかったのか?と気が狂いそうでした。

そんな絶望の中でも、たまたま見ていたYou Tubeで、転職活動を成功させるにはこの方法しかない!と思わせてくれる動画と出会い、そこからそれを忠実に実行して無事に転職することができました。

転職活動は苦しいことや不安なことが多いですが、今回の記事を見て少しでも何かの役に立てればうれしいです。

それではまず転職活動中に味わった絶望感についてご紹介したいと思います。

転職活動中に味わった絶望感

悩んでいる人

まずこの絶望感を味わう根本的な原因は、自分の認識の甘さで
転職活動は退職してからゆっくり行えばいいし、何社か応募すれば決まるだろうという超甘い考えでした。

実際のところ現実は甘くなく、まず応募に必要な書類を完成させるのにとても神経を使いました。

職務経歴書に今までの仕事の実績を書こうにも、書けるほどの実績が全く思い浮かばず今まで自分は仕事で何をやってきたんだーー!と思うくらいに絶望しました。

この時初めて、会社から言われた事を何も考えずにひたすらこなすことは、後で振り返った時に何ものこらないんだ・・と痛感しました。

また求人を探す作業も予想以上に時間がかかりました。

求人を探していくと、まず学歴や職歴でかなり間口が狭くなることを初めて知り
高卒よりも大卒、未経験者より経験者が優遇され、そんな求人を見ているととてもやりきれない気持ちでいっぱいになったのを今でも覚えています。

勉強の大切さとはこのことなのか・・とまた絶望。

そして求人を見れば見るほど、
ここでいいのか?
もっといいところはないか?
失敗できないからもっと慎重に探そう!
などが頭をよぎり求人を見るだけで普通に1日潰れるくらい時間を使いました。

そして何とか受ける所を決めて、書類を揃えて応募しても、面接にすらたどり着けないという現実を突きつけられ、更に絶望。

当然書類は会社ごとに内容を変えて書かないといけないので、初めの方は書類を作るだけで精一杯の状態でした・・

そして運良く面接に進んでも、痛い所をつかれて受け答えが曖昧になったり面接の途中でも絶対落ちた・・と思うくらいに自分の詰めの甘さが露呈されました。

そしてその中でも一番絶望感を味わったのが、今まで味方だと思っていた人からの厳しい言葉でした。
「おまえは絶対に後悔する!」などキツイ言葉を言われてもどうしようもないのに、そんな言葉をひたすら浴びせられ、一回本当に心が折れました。

自分の選択は本当に正しかったのか?

次の仕事が決まらなかったら一生惨めな思いをして生きるのか・・

そんなネガティブ思考がグルグルと頭の中を回り、外に出るのも億劫になるくらい大きな不安や絶望感でいっぱいでした。

そんな絶望感の中でも成功に繋がるきっかけを得ることができ、結果的には転職を成功に導くことができました。

次は絶望の中でも転職を成功に導いた大切な心構えをご紹介したいと思います。

絶望の中で掴んだ成功に繋がる大切な心構え!

明日への希望

こんな絶望の中にいると、どうしても人のせいにしたり選択を後悔して負のスパイラルに陥りやすいですが、私は幸運なことにもう一度立ち上がるきっかけを掴むことができました。

それがあるYou Tube動画との出会いでした。

その当時の自分は頭の中がネガティブ思考でいっぱいになっていて、一ミリもプラスの事を考える余裕がありませんでした。

そんな時に偶然出会った動画は、自分がいつも思っていることや口に出していることが現実にも起こりやすいというもので、どんなときでも理想の自分や上手くいっている自分をイメージし続けることでその現実が引き寄せられるという内容でした。

いつもの自分だったらそのような事は一切信じないし行動にも移さないタイプでしたが、藁にもすがる思いでそれをその日から実践していると、不安感はあるものの理想の自分や未来に向けて行動しようという気持ちになることができました。

そしてその中で私を応援してくれる人の存在に気づくことができ、まだまだ自分はこんな所で腐っているわけにはいかないという気持ちになって完全に復活することができました。

それから毎日意識したことは、理想の自分や転職に成功した自分を常にイメージし、不安になったり気持ちがマイナスになる動画などは一切見ないようにしました。

それだけでも気分をいい状態に保つことができたので、いかに普段見ている物や頭の中で考えていることが現実にも大きく影響しているということを体感することができました。

実際気持ちがネガティブになっているときは、ネットやYou Tubeで同じようなネガティブな事を検索してしまいがちです。

そうするとおすすめやニュースなどにそいうったネガティブな物が出てきやすいので、
その点も注意しながら自分の気分が下がる物は意識的に見ないように心がけましょう。

そうやって自分のいい状態に保つことで、自然と転職活動も前向きに行動できるようになり、最終的には希望する会社に転職することができたので、辛い経験でしたが本当に意味のあることだったと振り返って強く感じています。

絶望の中にも必ず光はある!

晴れた空

今回は転職活動中に味わった絶望感とそこから抜け出せた大切な心構えについてご紹介してきました。

転職など自分自らが選択したことであればあるほど、しんどく辛いことも多いしそれによって心が折れることも何度もあると思います。

それでも自分の決めた道だからなんとかしてやる!といった強い気持ちを持つことができればきっといい方向へ向かっていくはずです。

今回私が絶望の中で学んだ、理想の自分や成功している姿をイメージし続け、気分の下がるものは意識的に見ないようにして、自分いい状態をキープする努力をすることで必ずいい未来へ繋がると信じています。

今転職を考えている人で、辛いことがあってもそれでも転職したいという気持ちがあれば、転職という選択肢を選んで、例え辛いことがあっても自分の人生に責任を持って行動することができ、これでよかったと心から思える結果になると思います。

絶望の中にも必ず光はあります。

その光が今は見えていなくてもそれを信じ続けることでいつか必ず見えるきっかけがきます。
そんな事を伝えたいと思い今回の記事を書きました。

この記事が少しでも何かのお役に立てればとても嬉しく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!