【メリット・デメリット】ハローワークを使って転職活動を行う時に気を付けること〜転職成功への道〜

ビジネスウーマンと都会
会社

今回は、ハローワークを使って転職活動を行う際に気を付けることについて紹介していきたいと思います。

転職活動が初めての人にとって、ハローワークとは未知の世界だと思います。

ハローワークで何ができるのか?

行ったことがないからどんな所かわからない・・といった不安もあると思います。

今回紹介するハローワークのメリット・デメリットを知った上で自分に合った行動をすることにより、転職活動を成功に繋げることができると考えています。

早速メリット・デメリットをご紹介しますので、少しでも皆様の転職活動の参考になればと思います。

ハローワークのメリット
①地元企業の求人が多い
②失業保険や再就職手当などの情報が得られる
③職務経歴書の書き方など相談できる
ハローワークのデメリット
①自分から行動しないと求人が絞れない
②職員によって対応がまちまち
③企業ごとの対策が取りにくい

このようにメリット・デメリットがありますので、メリットを上手く活用しつつ場合によっては、ハローワークだけではなく、転職エージェントも併せて活用する方法もおすすめです。

ハローワークのメリット

  1. 地元企業の求人が多い
  2. 失業保険や再就職手当などの情報が得られる
  3. 職務経歴書の書き方など相談できる

ハローワークのメリットとして大きく分けて以上の3点があります。

転職活動は不安や知らないことだらけですので、少しでも情報をキャッチしながら成功に繋がる転職活動に繋げていきましょう。

地元企業の求人が多い

ハローワークのメリットとして地元企業の求人が多いという点は、一番のメリットではないかと思います。

気になる企業や業種があれば関連する求人も併せて紹介してもらえますし、選択肢がかなり広がります。

地方などによっては、転職エージェントで紹介されている求人数がどうしても少ない地域もありますので、そういった地域で転職を希望する方は、ハローワークで求人を探した方が圧倒的にヒットする件数が多くなります。

地域によって、ハローワーク中心か転職エージェント中心か方法が変わってきますので、ご自身の転職される地域の特徴を把握して転職活動をされる事をおすすめします。

また地元にある大手企業でも求人は、転職エージェントなどにしか掲載されていない場合がありますので、ご注意ください。

失業保険や再就職手当などの情報が得られる

退職してから転職活動を行う際に1番気になることがお金です。

この金銭面での不安を少しでも解消してくれる制度を紹介してくれるのもハローワークのメリットです。

人によって給付期間や金額などの違いはあるものの、意外と知らない制度が多いですのでこういったものを活用していけば、少しは余裕を持って転職活動に取り組めるのではないかと思います。

職務経歴書の書き方など相談できる

初めて転職される方にとって、職務経歴書は馴染みのないものだと思います。

書類選考を通過する為には、この職務経歴書がとても重要になってきますので、記載方がわからない場合はハローワークでアドバイスを頂けるので、しっかり活用しましょう。

また転職活動は基本的に自分一人だけで活動するので、不安な点が多いのも事実です。

家族や知り合いなどに転職経験者がいれば相談に乗ってくれますが、転職を経験していない人ばかりだと相談に乗れないこともありますので、そういった悩みや不安などはハローワークで相談できることも、メリットの一つであると思います。

ハローワークのデメリット

  1. 自分から行動しないと求人が絞れない
  2. 職員によって対応がまちまち
  3. 企業ごとの対策が取りにくい

ハローワークにはデメリットもありますが、主体的に行動できる方はデメリットの部分はご自身の行動力などで十分カバーできると思います。

大切なのは、誰かがやってくれるといった考えではなく、自分から積極的に行動していくスタンスが求められます。

そのスタンスを持っていれば、転職した際もきちんと評価に繋がると考えています。

自分から行動しないと求人が絞れない

転職するのは当然自分自身ですので、自分がどの様な職種に転職するのかをはっきりさせておかないと、求人の探しようがありません。

メリットでも紹介しましたが、職種など的を絞らないと大量の求人がヒットしますので、かなり時間を使い非効率になってしまいます。

この様なことにならない為にも、まずは自己分析をしっかり行って求人を探していきましょう。

職員によって対応がまちまち

ハローワークでは毎回同じ職員の方が担当される訳ではありません。

職員によっては、転職したことがない方が担当されることもあり、どうしても事務的な対応になってしまいます。

ハローワークを使う際はこの様なことがあることは承知の上で、相談されることをおすすめします。

専属の方がいいと考えておられる方は、転職エージェントに登録する選択肢もありますので、そちらもぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

企業毎の対策が取りにくい

希望する企業がどの様な人物を欲しがっているのか?

過去の面接でどの様なことが聞かれたのか?

こういった情報は転職活動を行う者にとって、とても重要な情報の一つですよね。

ハローワークでは希望する求人に、過去に何人応募があったのか?どの様な理由で不採用となったのか?

という所までは把握していますが、

面接で何を聞かれたのか?その企業がどの様な人物を求めているのか?

というところまでは残念ながら把握していないといった印象でした。

この様な深いところまで知りたいという方は、やはり転職エージェント経由の方が多くの情報が手に入りますし、面接などの対策もより企業に併せた対策が取れると感じています。

ハローワークでしか求人募集していない企業の場合は、ホームページなどをより入念にチェックして企業対策をしていく必要があります。

またハローワークでは面接練習のサポートを行っていますので、面接の基本的な部分はこのサポートを活用すれば問題ないと思います。

まとめ

この様にハローワークのメリット・デメリットを把握していれば、自分に合った方法で転職活動が進められます。

ハローワークで足りない部分は、転職エージェントなどを活用するのも一つの手段ですので、転職に関する情報をしっかりと入手して成功に繋がる転職活動にしていきましょう。

私は実際に転職活動をしていく中で、再就職手当というものをハローワークに来て初めて知ることができたので、こういった知らないことを知る機会を頂けたのは本当に良かったなと思っています。

転職活動は不安なことも多いですが、その不安を解消していく為には自分自ら行動することによって少しずつ解消していき、それが結果へと繋がっていくと思いますので、その点をぜひ意識しながら今後の転職活動に役立てて頂けたらと思います。