【脱挫折】新しい事を始めた時は他人と比較せず、自分と比較しよう【幸せになる考え方】

Copy space of silhouette woman raise hand up on top of mountain and sunset sky cloud abstract background. Freedom feel good and travel adventure holiday concept. Vintage tone filter effect color style
生活

こんにちは!

新しい事を始めた時、他人と比べてしまって「途中で挫折した」「自分のやってきたことが馬鹿らしく思えてきた」などの経験をされた方は多いのではないでしょうか?

新しい事を始めても上手く成果に繋がらないし、周りを見るとすごい人ばかりで自分なんてやる資格なんてない・・などのネガティブな思考に陥りやすい方は、評価の基準が他人にあり自分の成長を間違った視点で見ていることがとても多いです。

自分もブログなどの新しい事に挑戦していますが、その度に成果が出ない事を続けていても時間の無駄ではないか?やっぱり自分なんて才能ないんじゃないか?など思ってしまって挫折し、またいつも通りの生活スタイルへと戻ることが何度もありました。

実際は、そういった挫折して辞めたいと思った時こそ一皮むけるチャンスではないか?と思うようになりました。

きっと今活躍されている方は、そういった挫折や葛藤を上手くプラスに変えて乗り越えてきたのだと思います。

今回の記事では、継続し日々進化し続けていれば必ず成果は出てくると言うことを強くお伝えしたいと思います。

この記事を読んでほしい方

・他人と比較する癖がある

・新しい事を始めても続かない

他人と比較するとどうなるか?

  • 自己肯定感の低下
  • 挫折しやすい
  • 他人の目が気になり実力が発揮できない

他人と比較する癖がついていると以上のような事が起こりやすくなってきます。

自分自身も他人と比較する癖が小さい頃からついており、何をするにも自身を持つことができずにいました。

過去の体験でピアノを習っていた時に、クラスの中で一番下手だった自分は上手くなりたいと言う気持ちはあったものの、自分は下手くそというイメージを自分自身で作っていて「笑われたらどうしよう?」「こんな自分を見せるのは恥ずかしい」などの気持ちになり、人前で練習するのにとても抵抗感がありました。

そのような思考でいると、いつしか上手くなりたいから「どうやって恥をかかないようにするか?」という考え方になってしまい、ピアノの時間がとても苦痛になってしまいました。

ピアノに限らず他の事でも、努力することを自然と避けるようになり、無難な事だけを選ぶようになりました。

当時はそれで良いと思っていましたが、今思えばなぜ泥臭く挑戦しなかったのか?と後悔しています。

「優秀な人がいればその人みたいにできなといけない」「下手な所を見せるとかっこ悪い」などの思考が頭をぐるぐると駆け巡り、いつしか努力することが苦手な自分になってしまいました。

逃げる事は決して悪いことではないですが、自分と向き合わない事はまた違うと思っていて、自分と向き合わない癖がついてしまうと、自分自身を認めてあげることもできないし、本当の意味で成長する機会を自分自身の選択で奪ってしまいます。

ここで一番言いたいのは、何かをする時は他人と比較すると必ず自分にとってマイナスになります。

他人と比較せず、自分と比較するようにしましょう。

他人と比較せず、自分と比較しよう

Head shot portrait happy African American man with wide healthy smile, satisfied client customer looking at camera, handsome young male feeling positive, isolated on grey background

自分と比較する事とは、過去の自分と比較して成長した部分を見つけるといった誰でもできる簡単な方法です。

例えば、語学などを勉強しているときに他人と比較してしまうと自分のレベルの低さに愕然としていまい自信がなくなってしまいますが、過去の自分と比較すると必ず進歩している所が見つかるはずです。

そういった小さな進歩を見逃すことなく、自分の自信に繋げることができると言うところが過去の自分と比較する大きなメリットとなります。

先ほどは他人と比較するとどうなるか?を紹介しましたが、自分と比較する癖がつくと他人と比較するデメリットがメリットに変わります。

つまりは、

  • 自己肯定感が高まる
  • 挫折しにくい
  • 他人の目が気にならなくなる

こういったメリットがあります。

いかに他人と比較することが良くないことであり、無意識のうちに自分で自分を傷つけていたということがよく分かると思います。

世の中にはすごい成果を上げている人がたくさんいることは事実です。

ですが、そのような方といきなり同じ土俵で比べてしまったら勝ち目がないのは一目瞭然で、そもそも比べるよりは、憧れを持つほうが良いのかもしれません。

自分自身も自分と比較する癖がついてからは他人の目が気にならなくなり、他人を軸にしていた考え方が自分を軸に考えることができ、徐々に自信を取り戻す事に成功しています。

以前では考えられなかった、ブログを書いたり動画編集で収益を上げたりすることができたのは、他人ではなく自分と比較して考えることができたおかげだと思っています。

まとめ

他人と比較する癖がついている方は、今すぐ自分と比較する考え方に挑戦してみてください。

そうすれば、自分自身で傷つけ失った自信を取り戻すことができます。

今の日本人は、自分に自信が持てない人が多いと聞きます。

自分もその分類に入ると思いますが、以前に比べると格段に自信を取り戻しています。

何かに挑戦したけど思うようにいかず挫折した、自分に自信が持てなくて長く続けることができないといった方は、他人と比較する癖がついている方が多いような気がします。

周りと比べるのではなく、自分と比較して少しでも成長・進化したところを見つけて自分自身を褒めるようにしていけば、必ず前に進むことができますし壁にぶち当たってもきっと乗り越えることができると思います。

仮に向いてないんじゃないか?などの挫折感が襲ってきた時は、成功するチャンスと捉えて前向きに取り組んで行きましょう!

特に新しい事を始めた時は、他人と比較すると良いことは1つもありませんので比較ではなく憧れ、他人ではなく自分と比較するようにしていけば、自信にも繋がりきっと成果が出てくると思います。

自分と比較するメリット
  • 自己肯定感が高まる
  • 挫折しにくい
  • 他人の目が気にならなくなる